トムエバハート展

■会 期
 2010年 4月 29日(木)~5月 2日(日)
■時 間
 12:00~19:00 (最終日は17:00まで)
■入場料
 無料
■出展者
 アートコレクションハウス(株)
■概 要
 トムエバハート展
 1953年、アメリカワシントンDC生まれ。エール大学で勉学し、ニューヨーク、パリで絵画を学ぶ。’80年代に風景画家として成功を収める。またこの頃スヌーピーの生みの親であるチャールズ・シュルツ氏とデザイン会社のプレゼンテーションの場で出会ったことをきっかけにして、シュルツ氏から直々に絵の指導を受け始める。しかし’88~’89に渡り病気のため入退院を繰り返す。この時の経験が転機をもたらす。病状回復後「ピーナッツ」に関係した作品を描き始め、90年にはルーブル美術館を皮切りに、ヨーロッパ諸国・アメリカ・日本で個展を開催する。
 作品は漫画の表現を遥かに超えており、シュルツ氏が作品を「自由の祝福」の賜物として絶賛したと言われている。またシュルツ氏はエバハート氏が生涯に渡り作品を制作できるように保証した。’00年シュルツ氏が死去したことで、追悼の意を表すような作品を多く発表する。誰にも親しまれるスヌーピーの世界を独創的な光と点で表現する、世界でただひとりの「公認」アーティスト。

Posted on 土曜日, 4月 24th, 2010 at 7:11 PM and is filed under 展示の案内. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed at this time.